自由のためにフリーランスになる

フリーランスの最も大きなメリットとしては、自由であることが挙げられます。



好きな時に稼いで、社会の柵から解放され、自分の好きな収入を稼ぐ。
まさに、現代社会の自由業として成立しています。


唯一の敵はモチベーションであり、それを乗り越えられれば、フリーランスとして稼ぐことができます。


ライター。

プログラマー。


イラストレーター。

そうした仕事は、今までは会社に属して、担当と打ち合わせをしながら、自分の好きなものも生み出せずに、編集され、やっと収入に追いつけるというものでした。
しかし、今のインターネット社会で、フリーランスという存在が出始め、その定義も薄れていっています。



自分で発行し、それを売って、それで生きていく。

それが独立してできない人は、仲介サイトも存在します。どんなやり方でもやっていけます。

そうした自由があるのです。

傍目からは働いていないように見えるでしょう。
しかし、着実と収入を得ています。


そういう存在になることもできます。


よく、バイトで何百万と稼いだら、タイなどの発展途上国のアジアに逃げてニート生活を楽しむ、そとこもりといった存在がニュースに出ています。しかし、そんなややこしいことをしなくても、日本円を確実に稼いで生活をしていくことが出来ていられる人もいるのです。



それが、フリーランスであり、世界で最も自由な仕事です。それ故に、フリーランスは、自己管理をしっかりしていかなくてはいけないのです。