フリーランスは自分で決められる

自分の作業を自分で決めることができるというのはかなりのメリットでしょう。

具体的にどのような選択肢があるのかというようなことはネットでも情報を得ることが可能です。
それを勉強して実行するだけなのでまったく難しくはないのですが、会社員が選択されるというのはこの自分で選択する手間を省くという目的もあるでしょう。



しかし、意思決定を他人に任せすぎると、いざ外れたときに困るという可能性があります。


なので会社員でもフリーランス的な発想は持っておいた方が良いです。


上述のような発想を持つことができるのはフリーランスのメリットでしょう。



自分の立場というのは関係なく必要なことを考えるというのがもっともよいのですが、時間も限られるのでなんでも合理的に行くわけではありません。



会社員の場合は内部のことや人間関係などが多いので無駄な作業も発生しがちなのですが、フリーランスの場合はその辺の無駄がないということがかなり大きいメリットになります。

自分が必要と思ったところに対してピンポイントでフォーカスして集中することができるので、結果的に市場に有意義なスキルアップができるということになります。

このように非常に効率的な働き方ではあるのですが、集中力の維持や時間管理を自分で行う必要があります。

ただ会社で人が見ているからやるというのでは結局は困る可能性があり、自分の意志でやっていくということは必要でしょう。


なので、訓練になります。